BLOG

ベイシス株式会社 社長 吉村公孝のブログ

人事 2019.04.02

2019年度 入社式

2019年度 入社式

新元号が発表された記念すべき日である、昨日4月1日に2019年度の入社式を行いました。

 

今年は8名の新入社員を迎え入れることが出来ました。

 

数多くある企業の中から当社を選んでくれたことに本当に感謝しています。

(新入社員のみんな。ありがとう)

 

 

今日は、入社式で新入社員に伝えたことを記録しておこうと思います。

 

 

まず私が伝えたことは、これからの時代は「競争と変化の時代になる」ということです。

 

まず「競争」についてですが、これからの新時代はライバルが変わり競争が激しくなるということです。

 

例えば外国人人材です。

ちょうど昨日、出入国管理法が改定され今まで以上に外国人労働者を国内に受け入れやすくなりました。

現在の日本は少子化で労働人口も足りないため、これから外国人労働者は今まで以上に増えていくでしょう。

そう考えると、新入社員の競争相手は日本人だけではなく、多様な価値観や知見を持っている外国人も対象になります。

 

 

そして、もう一つ「ライバル」というと、それは競合会社が変わるということです。

 

例えば、トヨタ自動車の競合といえば、今まではフォルクスワーゲンなどの自動車メーカーでしたが、今の競合は、Googleとも言われています。

 

テクノロジーの進化により、既存の当たり前は短期間で変化し競合までも大きく変えます。

そうすると、今までとは違う競合対策なども必要になります。

 

 

「変化」というキーワードで言うと、AIを中心としたテクノロジーの進化により、企業だけではなく私達ビジネスパーソンにも求められる役割や能力も急激に変化するでしょう。

 

まず単調な作業などは、あっという間にAIやロボットに代替されてしまうでしょう。

 

 

では、このように競争や変化の激しい時代に新入社員はどうするべきなのでしょうか?

 

私が伝えたことは以下の2つです。

 

 

1.夢や目標を見つけ、目標達成に向けて進んでいくこと

 

最近は若い人があまり多くを求めない傾向が高いと言われています。

 

それも価値観の一つとして認める部分ではありますが、海外から日本に働きにくる人たちは違うと思います。

 

彼らは、ハングリー精神と夢や目標を持って日本に来ます。

 

彼らは必死になって目標達成に向けて日々努力・行動するでしょう。

 

そのような競争環境で夢や目標がある人とない人では5年後10年後は大きな差ができているでしょう。

 

可能な限り早く、自分の夢や目標を見つけ、前に進み始めてほしいと思います。

 

 

2.他の誰でもない、あなたならではの強みを作ること

 

競争や変化の激しい時代に大切なのは、自分ならではの強みを持つことだと思います。できれば複数。

 

なぜならば、変化が激しいので強みが一つだけだとその強みが必要とされなくなる可能性があるからです。

 

先日、引退を発表したイチロー選手の場合は、ヒットだけではなく走塁や守備などの強みを持っていましたね。

 

新入社員のみなさんには、多少時間がかかってでも複数の強みをもって、柔軟に対応できるように育ってほしいと思います。

 

 

「競争と変化」という言葉を使うとネガティブに捉える人もいるかもしれませんが、変化が激しいということはそれだけチャンスも多いということです。

 

これからの未来は今まで以上にチャンスがあると前向きに捉え、自分の夢や目標に向かい邁進して欲しいと思います。

 

自分の未来を変えることができるのは自分だけです。

 

共に成長し、共に良い会社にし、新時代の明るい未来を彼らと作りたいと思います。

 

 

 

写真は、入社式後の懇親会(食事会)の様子です。

一部、顔が隠れている人がいるのと、ちょっとみんな堅いですが….(汗)

 

 

 

 

 

CONTACT

サービスについてのお問い合わせ・ご相談等、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-5769-21419:00 ~ 18:00(平日)
お問い合わせ
お問い合わせ