BLOG

ベイシス株式会社 社長 吉村公孝のブログ

書評 2017.12.10

生涯投資家

生涯投資家

先週と今週の週末で村上世彰さんの著書「生涯投資家」を読んでみました。

 

言わずと知れた「村上ファンド」の村上さんです。

 

若い人は知らない人もいるかもしれませんが、著者の村上さんは2000年代前半に当時国内では珍しかった、敵対的TOBをしかけたり、「物言う株主」として上場企業に数々の提言を行い、その歯に衣着せぬ発言が注目され一躍有名になった投資会社の社長でありファンドマネージャーです。

 

しかし2006年にライブドアによるニッポン放送株取得をめぐるインサイダー取引の容疑で逮捕され、表舞台から姿を消していました。

(その後2011年に有罪が確定しました)

 

逮捕から10年以上たった今年、彼が書籍の中で何を語るのかを知りたくて読んでみました。

 

読んでみた感想ですが、彼の主張は全く間違っていないという感想でした。

(もちろんインサイダー取引のこと以外ですが)

 

書籍の内容を私なりに簡単にまとめてみると、

 

・村上さんが通産省の役人だったころからやりたかったことは、日本の上場企業のコーポレート・ガバナンスの浸透と徹底

 

・株主と上場企業がコーポレートガバナンスに基づくコミュニケーションをしっかりととることで、企業経営者は株主から託された資金を効率的に活用して収益力を高め(特にROEの向上)、企業価値を上げる。

 

・その結果、日本の経済を活性化させ成長を即したい。

 

という内容でした。

私も彼の主張に同意です。

 

しかしながら当時のメディアを通じた村上さんの世間からの見られ方は、グリーンメーラーのような強行で悪質な投資家のように取り上げられていました。

 

彼の本当にやりたかったことは世間には伝わらず、なんでもストレートに畳み掛けるように伝えるきつい話し口調から当時から世間にはあまり良い印象を持たれていなかったと思います。

 

結果として逮捕され有罪判決になったわけですが、書籍の内容を見る限りでは、日本経済の発展を願う高い志を持たれているので、法を遵守した上で投資家として日本のために活躍してもらいたいなと素直に思いました。

 

私は上場企業の役員でも投資家でもないので素人の一読者ですが、村上さんの理念には素直に共感しました。

 

数日後に直接お話を聞かせて頂く機会にも恵まれたので、今から楽しみです(^^)

 

CONTACT

サービスについてのお問い合わせ・ご相談等、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-5769-21419:00 ~ 18:00(平日)
お問い合わせ
お問い合わせ