CASE

事例紹介

RPA 2018.05.17

大手通信事業者 様

RPAによる工程表更新業務を効率化

97.3%の作業工数削減に成功!!

大手通信事業者様の中で実施している工程表の更新業務をRPAで効率化した事例紹介になります。

 

▶RPAの導入フロー

最初に実施した事は、現場で工程表の更新業務に携わっている方へのヒアリングでした。RPAで効率化できる可否を判断する為に「ルールに基づく定型的な作業」の条件を元に作業区分毎にリストを作成し、一作業単位での処理時間を計測しました。マニュアル化を進めると共に、現在の作業手順の改善も実施しました。最後は新たな業務手順を設計化し、ロボットを作成しました。

▶作成したロボットのシナリオ

RPAでロボットを作成する際、実際に人間が行っているファイルを開くといった作業からシナリオを作成していきます。指定のファイルサーバーへ格納されているExcelファイルの工程表を開くといった作業でも実質1分程度かかりますが、作業頻度が多ければ多いほど、RPAで効率化した際に削減できる工数は増えます。

▶ロボット運用フロー

作成したロボットのフローは下記となりました。人間では752分かかっていた作業が、RPAによって20分で作業を完了する事ができ、97.3%の削減を行う事ができました。

CONTACT

サービスについてのお問い合わせ・ご相談等、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-5769-21419:00 ~ 18:00(平日)
お問い合わせ
お問い合わせ