PHILOSOPHY

理念

私たちの企業理念 - Credo –

私たちは、企業理念は最も重要なものだと考えています。
なぜならば、理念やビジョンに共感した人が集まり、
チーム一丸となってその実現を目指すことで企業の発展と社員の物心両面の幸福を
実現できると考えるからです。


私たちの企業理念(クレド)は全社員で作ったものです。(現在の企業理念は2019年7月制定)
そしてこの企業理念(クレド)は私たち全社員の想いが込められています。
今までもこれからも私たちはこの理念(クレド)を基本指針として、事業活動に邁進していきます。

ベイシス株式会社 社員一同

MISSIONわたし達の“使命”

ICTで世の中をもっと便利に

ICT(情報通信技術)は、世の中に広く普及し、人々が生活する上で必要不可欠なものとなりました。そしてこれからもICTは益々発展していくことが予測されます。
そのような時代背景の中、私たちは創業時から培ってきたICTに関するノウハウと最新のテクノロジーを通じて、今まで以上に世の中を便利にしていくことでより多くの人々と社会に貢献していくことを使命(ミッション)とします。

VISIONわたし達の“未来像”

Update The World

これからの時代は今まで以上に変化が加速し、その変化に合わせて事業、企業活動、業界、社会をアップデートしていく必要があります。
私たちは自らのサービスや事業、そしてWorld(業界、社会)をより良くUpdateし続ける企業になります。

VALUEわたし達の“価値観”

私たちは、「3つのVALUE」を全社員共通の価値観・行動指針とし、ミッション・ビジョン
を実現します。

  • Challengeイノベーションを起こし成長し続けます

    私たちは常に失敗を恐れず挑戦することで、

    継続的に自己成長し、

    常識にとらわれることなく自らを変革することで、

    世の中に変革を起こし続けます。

  • Prideプロフェッショナルとして誇りを持ちベストを尽くします

    私たちはプロフェッショナルとして、

    自らの技術・品質を高め、

    仕事とサービスに誇りを持ち、

    常にベストを尽くします。

  • Enjoy仲間・家族とともに楽しみ、笑顔を届けます

    私たちはどんな時も楽しむことを忘れず

    仲間、家族を大切にし、

    関わるすべての人々に笑顔を届けます。

中期経営計画

01ベイシスの目指す方向性

インフラ業界のデジタルトランスフォーメーションを推進し変革する

弊社は、創業以来の中核事業である「インフラエンジニアリングサービス」を核として、これから広がるIoT社会のインフラ構築を進めて参ります。
また、RPA、AI、ドローンといった最新のテクノロジーを活用することで、生産性や安全性の向上、インフラ構築・運用コストの削減等を進め、インフラ業界のデジタルトランスフォーメーションを推進することで業界を変革し社会課題の解決に貢献していきます。

02新たな成長に向けた中期経営計画

弊社は企業理念やビジョンの実現に向けて、以下の中期経営計画の達成を目指しています。(2019年6月現在)

  • 事業モデル

    ■インフラ構築プラットフォームの拡大
    インフラテック※を活用することで「安く・早く・安全」にインフラの構築・運用・保守等ができる受発注プラットフォームの拡大を目指す

    ※インフラテック:インフラ(Infrastructure)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせた造語。弊社のインフラ構築ノウハウとテクノロジーを掛け合わせた弊社の強みの一つ

    ■DXサービスの拡大
    RPA、AI、ドローンなどの最新テクノロジーを活用したDXサービスの拡大を目指す

  • 業績

    ■安定的かつ着実に業績を拡大
    中核事業(インフラエンジニアリングサービス)で着実に業績を伸ばしながら、DXサービスを追加・拡大することで次の成長を創る

  • 戦略

    ■成長市場に集中
    今後、成長が予想される分野(5G、IoT、スマートグリッド等)に集中する

    ■プラットフォームの拡大
    インフラ構築プラットフォーム内で受発注をする顧客、協力会社を増やし拡大する

    ■テクノロジー強化
    RPA、AI、ドローンなど最新のテクノロジーを活用することで競争優位性を高める

    ■サービス追加によるARPU増
    業界特化型で「人」や「テクノロジー」に関する新サービスを追加することで、ARPU(1顧客あたりの平均収益)の拡大を目指す

CONTACT

サービスについてのお問い合わせ・ご相談等、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お問い合わせ