COMPLIANCE

コンプライアンス・ガバナンス

コンプライアンス

基本的な考え方

ベイシス株式会社では、「コンプライアンス」を法令遵守だけではく、会社の規則、規程は勿論、社会的規範や企業倫理も含まれるものと考えており、「コンプライアンス」を経営の最重要課題として認識しております。

行動規範

「コンプライアンス」は特定の社員だけが遵守するのではなく、役員および社員一人ひとりが「コンプライアンス」の本質を理解し、行動基準を定めたコンプライアンスマニュアルに沿った判断、行動を自らの意思で実践できるよう努めております。

コンプライアンス体制

独立した部門として、コンプライアンス推進室を設置しており定期的な社内研修およびアンケートの実施、更に部門の管理者をコンプライアンス担当者として選任し定期的な自主チェック等をおこなっております。
未然の対応として、リスク管理委員会を設置し定期的なリスクの洗い出しをおこなうことでコンプライアンスに関するリスクも低減しております。
更に、企業倫理ヘルプラインとして内部通報窓口および外部通報窓口を設置し、独立したコンプライアンス推進室を主幹とすることで相談、通報の活性化を図っております。

反社会的勢力との関係遮断

特殊暴力防止対策連合会に所属するとともに、外部専門機関と連携し、良識、正義感を持って反社会的勢力とは一切関係を持ちません。

ガバナンス

基本的な考え方

ベイシス株式会社では、「コーポレートガバナンス」の充実が継続的な成長、発展を成し遂げると考えております。
さらに、意思決定の透明性、公平性の担保、および全てのステークホルダーとの良好な関係を維持していくことが重要であり、「コーポレートガバナンス」を経営の最重要課題の一つとして位置付けております。

企業統治の体制

取締役会においては原則毎月1回開催し、法令、定款で定められた事項や経営に関する重要な意思決定および取締役の職務執行の監督をおこない、監査役会が取締役の職務の執行を監査しております。また迅速な意思決定を図るため、社外取締役を含む経営チームで構成された経営会議を定期開催しております。

内部監査および監査役監査

内部監査は内部監査室を中心に監査役等と連携のもと社内規程の遵守状況や業務フローの有効性等の検証、評価を行っております。また監査役は常勤監査役1名、非常勤監査役2名の3名で構成され、取締役会、その他重要な会議に出席し、取締役会等の意思決定や取締役の業務執行等に関する監査をおこなっております。

CONTACT

サービスについてのお問い合わせ・ご相談等、
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

03-5769-21419:00 ~ 18:00(平日)
お問い合わせ
お問い合わせ